日本エイサーは、3D表示に対応した初めての液晶ディスプレイ「GD245HQbid」を3月26日に発売する。実勢価格は4万5000円前後の見込み。

GD245HQbid

 エヌビディアの3D技術「3D VISION」に対応。Windows VistaかWindows 7を搭載し、互換性のあるNVIDIAグラフィックスカードを搭載するPCと、専用3Dメガネとソフトウェアで構成する3Dキットを組み合わることで、3Dのゲームや写真、動画などを楽しむことができる。PCと3D対応キットは別途購入が必要。

エヌビディアの3Dキット「NVIDIA 3D VISION キット」

 画面サイズは23.6インチで、解像度が1920×1080ピクセルのフルハイビジョン(フルHD)液晶パネルを採用した。バックライトを調整してコントラスト比を高める機能で、最大80000:1の高コントラスト比になる。

 表示色は1670万色。入力用インターフェースには、HDMI、アナログ、DVI-Dを備える。独自のカラーマネジメント機能で、「ムービー」「グラフィック」「標準」「テキスト」「ユーザー」の表示モードを選択することができる。サイズは幅575×高さ418×奥行き195mm。