パナソニック、2番組同時にフルHD画質で長時間録画できるBDレコーダー4機種

ニュース

2010/01/20 21:07

 パナソニックは、ブルーレイディスク(BD)レコーダー「ブルーレイDIGA(ディーガ)」の新モデルとして、容量500GB-1TBのHDDを搭載する4機種を、2月15日に発売する。価格はオープン。

ブルーレイDIGA DMR-BW880

 新製品は、2番組を同時にフルハイビジョン(HD)画質で長時間録画できるのが特徴。ラインアップと実勢価格は、HDDが1TBの「DMR-BW880」が16万円前後、750GBの「DMR-BW780」が14万円前後、500GBの「DMR-BW680」が12万円前後、500GBの「DMR-BR580」が10万円前後の見込み。「DMR-BR580」を除いて、地上デジタルチューナーを2基搭載する。「DMR-BR580」は1基。

 新世代の集積回路「UniPhier(ユニフィエ)」と「新アドバンスドAVCエンコーダー」によって、長時間の録画を実現。例えば、50GBのBDには約43時間、4.7GBのDVDには約4時間のフルHD録画ができる。2番組を同時に録画するときには、両方をフルHD長時間録画モードで録画することが可能になった。奥行きを約20cmに抑えたコンパクトなボディを採用する。

 「DMR-BW880」「DMR-BW780」「DMR-BW680」は、高精度信号処理を進化させた「新リアルクロマプロセッサ」を搭載し、色のキレや精細さが向上。さらに、「階調ロスレスシステム」機能は、映像本来の豊かな階調を引き出す。

 すべてのモデルが、録画番組をSDカードに書き出して、高画質・ワンセグ対応の携帯電話などでコンテンツを視聴できる「新・番組持ち出し」に対応するなど、ネットワーク機能が充実。上位モデルの「DMR-BW880」は無線LANに対応し、LAN端子がない部屋でもウェブの動画を簡単にダウンロード録画できる。

 本体サイズは幅43×奥行き19.9×高さ5.9cm、重さ2.8-3.1kg。カラーはブラック。

オススメの記事