東芝は12月18日、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「レグザ(REGZA)シリーズ」の新製品として、基本性能を備えながら価格を抑えた32V型「32A900S」を12月22日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は10万円前後の見込み。

REGZA 32A900S

 映像処理システム「メタブレイン・プロ」を搭載。また、部屋の明るさなど視聴環境にあわせて自動で最適な映像に調整する機能「おまかせドンピシャ高画質」を備え、高画質を実現した。

 新聞のテレビ欄のように見やすい「レグザ番組表・ファイン」に対応。番組内容の説明付きで、7チャンネル6時間分を表示する。録画機器を接続すれば、番組を選ぶだけで録画予約ができる。

 そのほか、大きく押しやすいチャンネルボタンを採用した「シンプルレグザリモコン」を付属。解像度は1366×768。ダイナミックコントラスト比は40000:1。カラーはブラック。