ぺんてる、手書き文字をデータ化するペンにソフト内蔵のUSBメモリを付属

ニュース

2009/12/01 15:22

 ぺんてるは12月1日、手書き文字や図をデータ化してPC上で再現するデジタルペン「airpen(エアペン)」シリーズの新製品として、PCで手書きデータを閲覧するための専用ソフトを内蔵したUSBメモリを付属する「airpenMINI +U(エアペンミニ プラスユー)」を12月10日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は1万6800円前後の見込み。

airpenMINI +U

 ボールペンのペン先から超音波と赤外線を発信して、フラッシュメモリを搭載した付属の受信ユニットに筆跡情報を無線で転送する仕組みのデジタルペン。受信ユニットをPCにUSB接続し、専用ソフトで手書きデータをテキストに変換し、PCでデータを保存や検索、閲覧ができる。新製品は、専用ソフトをUSBメモリに内蔵したのが特徴で、PCのUSBポートに差し込むだけで、ソフトをインストールすることなく起動できる。

 従来製品では手書きデータをPCのHDDに保存していたが、新製品では2GBの付属USBメモリに保存して、外出先のPCでも情報を検索して閲覧できるようになった。USBメモリはパスワードロック付きで、紛失などに備えてデータを暗号化して保護する。

 筆記領域はA4サイズまで。ペンの電源はボタン電池「SR41」×2で、約90時間の連続筆記が可能。受信ユニットはリチウムイオン充電池で、約15時間連続して使用できる。対応OSはWindows 7/Vista/XP/2000、Mac OS X v10.5(Lepard)以上。なお、Macでは専用USBメモリとソフトの文字認識機能は利用できない。

オススメの記事