エプソン、厚さ約20mmの薄型CULVノート「Endeavor NA501E」

ニュース

2009/12/01 15:17

 エプソンダイレクトは12月1日、本体の厚さが約20mmとスリムな13.3型ノートPC「Endeavor NA501E」の受注を、12月中旬から開始すると発表した。BTOに対応し、CPUメモリ、HDD容量、OSなどをカスタマイズできる。最小構成での価格は6万4890円。

Endeavor NA501E

 インテルの超低電圧版(CULV)CPUを搭載したモバイルノートPC。本体は厚さ19.6-20.8mm、重さ1.48kgと、持ち運びやすいようコンパクトに仕上げた。また、天板にはヘアライン加工とアルマイト処理、パームレストには汗によるベタツキなどを抑えるソフトレザーペイントを施した。

 液晶ディスプレイは解像度1366×768ピクセルの13.3型ワイドで、長時間の作業でも目が疲れにくいよう、光の反射を拡散するノングレアパネルを採用した。キーボードのピッチは18mmで、通常のノートPCとほぼ同じ感覚でタイピングできる。

 最小構成での主な仕様は、CPUがCeleron 743(1.30GHz)、1GBメモリ、160GBのHDD、インテルGS45 Expressチップセットなどで、OSはWindows 7 Home Premium。

 インターフェースはUSB2.0×3、ミニD-Sub15ピン、SDカード/MMC/メモリースティックに対応するカードスロットなどで、IEEE802.11a/b/g/nの無線LANにも対応する。バッテリー駆動時間は約3.2時間。本体サイズは幅324×奥行き230×厚さ19.6-20.8mm。

 なお、BTOカスタマイズでは、CPUをCore2 Duo SU9400(1.4GHz)に変更できる。そのほか、メモリを最大4GB、HDDを320GB/500GB(5400rpm)または250GB/500GB(7200rpm)、OSをWindows 7 Professional、Windows XP Professional(Windows 7 Professionalからのダウングレード)などから選択可能。

オススメの記事