デルは11月18日、A4インクジェット複合機の新製品として、印刷速度を向上させた3機種を発売した。ラインアップと価格は、上位モデル「デル オールインワンプリンタ V715w」が1万8420円、中位モデル「同 V515w」が1万4920円、下位モデル「同 V313」が1万1920円。なお、「V515w」のみ12月初旬発売予定。

「デル オールインワンプリンタ V715w」と「同 V515w」

 いずれもカラープリント・コピー、スキャナ機能を搭載する複合機で、従来機種より印刷・コピー速度を向上した。印刷はA4のモノクロで毎分33枚、カラーで毎分30枚、コピーはA4のモノクロで毎分25枚、カラーで毎分21枚を実現する。印刷解像度は4800×1200dpi、スキャン解像度は1200×2400dpi。

同 V313

 「V715w」と「V515w」は無線LANを内蔵し、ワイヤレス印刷に対応する。「V715w」は、さらにイーサネットによるネットワーク接続も可能。また、印刷設定で両面印刷が優先されるほか、停止時の消費電力を抑えるセーフモードへ自動的に移行する「エコ・モード」ボタンを搭載した。PCを立ち上げなくても送受信ができる単独FAX機能も備える。パネルは2.4型のカラー液晶を装備する。

 なお、「V515w」と「V313」には、2行表示のモノクロ液晶を備えた。カラーは、「V715w」と「V515w」がブラック、「V313」がホワイト。