ウェザーニューズは11月10日、「しし座流星群」の様子を全国7か所の地域で観測して生中継すると発表した。24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」で放送する。番組の放送時間は11月17日23:00から18日7:00まで。

「しし座流星群」の特設サイト

 PCと携帯電話両方に特設サイトを開設。流星群がある当日までは「しし座流星群」が見えると見込まれるエリアを地図上で表示する。一方、当日は、流星をカウントして報告できるツール「流星カウンター」をケータイ向けサイトに用意。各地の利用者が提供する数値の集計によって、全国でどのくらいの流星が見えたのかを知ることができる。

 同社によると、17日夜から18日早朝は、北日本は高気圧に覆われるため流星群を観測するにはよい条件とのこと。特に太平洋側ほど雲が少ない。ただ、本州の南海上には前線が近づくため、沖縄や西・東日本の太平洋側では雲が多い空になりそうだという。「しし座流星群」のピークは18日夜明け後の見込み。