ロジクールは11月9日、720pでのハイビジョン(HD)撮影に対応したWebカメラ「QCAM-200SX」とヘッドセット付きモデル「QCAM-200SXHS」のほか、ノートPC用モデル「C905m」を11月13日に発売すると発表した。価格はすべてオープン。同社直販サイトでの価格は「QCAM-200SX」「C905m」がともに9980円、「QCAM-200SXHS」が1万800円。

 3製品はともに、アスペクト比16:9の720pワイドスクリーンモードでの撮影が可能になったのが特徴。また、動画が200万画素、静止画は800万画素で撮影できるセンサーを搭載する。さらに、カールツァイス製の光学レンズとオートフォーカス機能を備え、クローズアップした撮影でも離れた撮影でも鮮明な画質を追求した。

(左から)「QCAM-200SX」と「QCAM-200SXHS」

 このほか、光量が少ない場合や逆行などの光の具合が不均一な場合でも、自動的に露出を調整する機能を備える。また、ビデオエフェクト機能に対応し、同機能を使用すれば、表情や動きを反映する何百ものアバターやフェイスアクセサリー、マスクなどを選択できる。なお、簡単に設定できるテレビ電話ソフト「Logicool Vid」も付属する。対応OSはいずれもWindows 7/Vista/XP。

C905m

 「QCAM-200SX」と「QCAM-200SXHS」は、本体サイズが幅89.9×奥行き117.9×高さ39.8mm、重さ148g。なお、「QCAM-200SXHS」はヘッドセットを同梱する。一方、ノートPC用モデル「C905m」は、本体サイズが幅30×奥行き40.2×高さ62.2、重さ54gと、コンパクトなボディを採用した。カラーはいずれもブラック&シルバー。