日本エイサーは10月23日、ネットブックとノートPCの中間に位置するカテゴリ「Light Note(ライトノート)」を新設すると発表した。

(左から)AS1410シリーズとAS3810Tシリーズ

 「Light Note」は、ネットブックより高性能でノートPCよりも持ち運びやすいモバイルノートPC。既存モデルでは、同社のPCブランド「Aspire Timeline」の11.6型モデル「AS1410シリーズ」「AS3810Tシリーズ」に順ずる製品群の総称とする。

 「Light Note」の主な特徴は、画面サイズが11.6型以上13.3型以下、CPUはインテルのCore 2 Duo SU9000番台、SU3000番台、U2000番台を搭載。OSにはWindows Vista Home Premium、Windows 7 Home Premiumを採用する。重さは2.0kg未満で、価格は5万円以上9万円未満。

 同社はネットブックとノートPCに加え、新しく追加した「Light Note」を含む全3カテゴリで、2011年度内に日本PC市場のメーカーシェア5位圏内を目指すとしている。