東芝は10月22日、ダイレクトメタノール方式を採用したモバイル機器向け燃料電池「Dynario(ディナリオ)」を10月29日に発売すると発表した。価格は2万9800円。同社の直販サイト「Shop1048」で3000台限定で販売する。電池本体のほか、専用の燃料カートリッジも発売する。価格は5本セットで3150円。

Dynario(右)と燃料カートリッジ(左)

 ダイレクトメタノール方式は、メタノールを燃料として発電する燃料電池の方式の一つ。「Dynario」はリチウムイオン電池とのハイブリッド構造を採用し、専用の燃料カートリッジから燃料を注入することで発電。携帯電話などのモバイル機器へ電気を供給することができる。燃料注入時間は約20秒で、1回燃料を注入すると携帯電話を約2回充電することが可能。

燃料を注入して発電する

 サイズは幅150×高さ74.5×奥行き21mm、重さは約280g。なお、「Dynario」と燃料カートリッジは、国際電気標準会議(IEC)の安全性規格(暫定版)に準拠する。また、カートリッジは東洋製罐と共同開発した。
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111384');