ギガバイトは10月19日、OSにWindows 7を搭載したネットブックとして、タッチパネルを採用したタブレット式「T1028X」と付属のクレードルを使えばデスクトップPCとして活用できる「M1022X」を、10月22日から順次発売すると発表した。価格はいずれもオープン。

T1028X

 タブレット式の「T1028X」は画面上部にWebカメラを備え、天板の向きを調節することでカメラの方向を自由に変えられるのが特徴。バッテリーは6セルで、駆動時間は約6.5。時間サイズは幅265×奥行き214×高さ41.4mm、重さは1.48kg。カラーはブラウン。実勢価格は7万2800円前後の見込み。

 一方、「M1022X」は、本体をクレードルに挿入することで据置型のPCにもなり、利用シーンに応じて使い分けられるのが特徴。クレードルは本体を充電することも可能。6セルバッテリーを搭載し駆動時間は約8時間。サイズは幅265×奥行き191×高さ26.5-30.5mm、重さは1.3kg。カラーはホワイト。実勢価格は6万6800円前後の見込み。

M1022X

 2機種ともにCPUにAtom N280(1.66GHz)、画面には解像度1366×768の10.1型ワイド液晶を搭載する。OSにはWindows 7 Starterを採用した。このほかの共通の仕様は1GBのメモリ、250GBのHDD、130万画素のWebカメラ、無線通信として無線LAN IEEE802.11b/g/nとBluetooth 2.1+EDRなど。キーボード手前にマルチタッチ対応のタッチパッドを備え、画像などの拡大・縮小は複数の指を使って手軽に行える。