米アマゾンは現地時間10月7日、これまで米国内のみで取り扱っていた電子書籍リーダー「Kindle(キンドル)」を、日本を含む世界100か国以上で販売すると発表した。本日から米「Amazon.com」内の製品ページにて予約を受け付け、10月19日から順次発送する。価格は279米ドル。

米「Amazon.com」内の「Kindle」のページ

 「Kindle」は、同社が07年から販売している電子書籍リーダー。書籍や雑誌、新聞などを専用の「Kindleストア」からダウンロード購入し、本体に搭載した6型ディスプレイで読むことができる。また、WordやPDFなどのファイル閲覧にも対応。内蔵メモリは2GBで、およそ1500冊分の書籍を保存することができる。

「Amazon.co.jp」のトップページにも告知が

 当初は米国向けに提供している英語コンテンツのみの提供。「Kindleストア」には現在、新刊やNew York Timesベストセラーを含む20万冊以上の英語書籍が用意されている。そのほか、85以上の主要新聞や雑誌の1部単位もしくは定期購読が可能。定期購読を申し込んだ新聞・雑誌は、ワイヤレスで毎回「Kindle」に自動配信される。

 なお、「Kindle」には9.7型ディスプレイを搭載した上位版「Kindle DX」も存在するが、こちらは現時点では米国のみの取り扱いとなる模様。