本田技研工業は9月24日、前後、左右、斜めにも動ける電動一輪車の試作機「U3-X」を公開した。1人乗りの乗り物で、人の両足の間に収まるコンパクトサイズ。体重の移動で操作する。

新感覚の電動一輪車U3-X。腰掛けると自動的にバランスをとり、前後、左右、斜めにも移動できる。持ち運びできる大きさ

 同社の2足歩行ロボット「ASIMO」のロボティクス研究で開発したバランス制御技術と、前後移動に加えて、真横や斜めにも移動できる世界初のHOT Drive System(全方位駆動車輪機構=Honda Omni Traction Drive System)を使って試作機を完成させた。体重移動するだけで速度や方向の調整が可能で、様々な方向に動き、曲がり、止まる。乗車時でもすぐに足がつき、歩行者と同じくらいの目線になるよう大きさを調整した。大きさは、幅160×奥行き315×高さ650mm、重さは10kg以下。リチウムイオン電池を電源にして、フル充電時で1時間走行できる。

U3-X車輪部の概念図

 動作のしくみは、まず、体重移動による車体の傾きを傾斜センサーが検知。これによってどの方向にどの程度の速度で移動したいのかを判別し、傾きを回復させる緻密な制御を行いながら移動する。世界で初めて開発した心臓部の車輪は、複数の小さな車輪を横向きにして一列につなぎ合わせた形状。車輪で前後に動き小さな車輪で左右移動ができるため、2つの動きを組み合わせることで斜め移動も可能になった。なお、「U3-X」は、10月24日から幕張メッセで開催される「第41回東京モーターショー2009」に出展される予定。