NTTファシリティーズは8月19日、同社が開発した、太陽光で発電しながら水を浄化するシステム「ソーラーUFO」を大阪に設置、22日に運用を開始すると発表した。設置場所は大阪城の堀と「水都大阪2009」のイベント会場である道頓堀川湊町船着場。環境面の社会貢献活動の一環として、近畿経済産業局と大阪市の協力を得て行う。

直径5mのソーラーUFO

 太陽光発電水浄化システム「ソーラーUFO」は、CO2を排出せずに水を浄化できるのが特徴で、池や堀などに浮かべて使用する。本体は直径5m、高さ1.6mの円盤型。太陽電池容量は約1.3kWで、1日に約9000リットルの水を浄化できる。

製造中のソーラーUFO

 上部に取り付けた太陽電池で発電し、その電力を利用して内部の装置で水をろ過したり新鮮な空気を水中に送り込んで水を浄化する仕組み。太陽電池で発電できる昼間には上部から噴水を上げながら水の浄化を行い、夜は昼間蓄えた電気でLEDが点灯させ、PR効果を狙うイルミネーションにもなる。

 運用期間は、湊町船着場の対岸、道頓堀川深里橋西北では、8月22日から10月12日まで、大阪城公園の南外濠では、8月22日から2010年の3月31日までの予定。同社では今後、東京での運用も計画しているという。