ニコンは8月17日、デジタル一眼レフカメラ「D3X」が、欧州を代表する映像・写真関連の賞「European Imaging and Sound Association(EISA)Photo Awards」の「ヨーロピアン プロフェッショナルカメラ 2009-2010」を受賞したと発表した。


 「EISA」は、欧州の主要なカメラ・映像・オーディオ関連専門誌約50誌が加盟する団体で、毎年、過去1年間に欧州で発売された映像関連商品群の中から、カテゴリーごとに最も優れた商品を選出している。

D3X

 「D3X」は、35mmフィルムとほぼ同サイズのニコンFXフォーマットのCMOSセンサー(35.9×24.0mm)を搭載し、有効画素数2450万画素のプロ向けデジタル一眼レフカメラ。今回の受賞に際しては、中判デジタルカメラと同等の画質に加え、高速レスポンス、高速連続撮影が可能な高度な機動性・柔軟性・操作性が評価された。

 なお、ニコンの製品が同賞を受賞するのは、昨年の「D3」に続いて2年連続となる。また「D3X」は先日、欧州の「TIPA(Technical Image Press Association) ベスト プロフェッショナル デジタル一眼レフカメラ 2009」も受賞している。