シャープは8月7日、地上・BS・110度CSデジタル放送に対応する液晶テレビ「AQUOS(アクオス)」のBDレコーダー内蔵モデル「DXシリーズ」の新製品として、1920×1080ドットのフルハイビジョン(フルHD)モデル52V/46V/40V型と、1366×768ドットの32V/26V型の計5機種を9月10日に発売すると発表した。価格はすべてオープン。

AQUOS DXシリーズ

 デジタル放送の番組を高画質のまま長時間録画できる「フルハイビジョン7倍録り」に対応。容量50GBの2層BDなら、フルHD画質のまま最長約30時間録画できる。

 画質面では、視聴する場所や番組に応じて、自動的に画質と音質を調整する新機能「ぴったりセレクト」を搭載。「明るさセンサー」で部屋の明るさや照明の色味を検出すると同時に、視聴している番組の種類や時間、映像シーンをリアルタイムに分析して最適な映像と音で再現する。

 52V/46V/40V型は「高画質マスターエンジン」を搭載。また、映像の動きを検出し、補間された映像も自動的に適正化する機能「Wクリア倍速」も備える。

 いずれもインターネット接続に対応。従来の「AQUOS」専用サービス「AQUOS.jp」「Yahoo! JAPAN for AQUOS」「DoTV デジ×マガ」などに加え、動画サービス「Yahoo! JAPAN for AQUOS 動画チャンネル」や「アクトビラビデオ・フル」など、さまざまなテレビ向けインターネットサービスを楽しめる。

 実勢価格は、52V型が48万円前後、46V型が38万円前後、40V型が28万円前後、32V型が19万円前後、26V型が17万円前後の見込み。カラーは、52V/46V型がブラックとホワイトで、40V/32V/26V型がブラック、ホワイト、レッドの3色。 adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111375');