レノボ・ジャパン(ロードリック・ラピン社長)は7月22日、6月24日に発売した14.1型ワイド液晶搭載のノートPC「ThinkPad T400s」に、WiMAX通信モジュールを内蔵したモデルを発売した。直販サイトでの価格は21万円。

「ThinkPad T400s」WiMAX内蔵モデル

 新モデルは、UQコミュニケーションズのブロードバンド通信サービス「UQ WiMAX」に対応した通信モジュールを内蔵。炭素繊維強化プラスチック素材を用いたトップカバーのアンテナ部周辺に、非導電性のガラス繊維強化プラスチックを使用したことで、強度を保ちつつアンテナの性能を高めた。WiMAXとWi-Fiいずれにおいても無線通信のパフォーマンスを確保する。

 複数の通信設定を管理するソフト「Access Connections」を搭載。自動的にWiMAX基地局を検出し、各種サービスの利用とユーザー登録が行える。WiMAXの電波状況がよくない場合は、Wi-Fiへ自動的に切り替える機能も装備する。

 主な仕様は、CPUがCore 2 Duo SP9400(2.40GHz)のほか、標準で2GBのメモリを備える。記録媒体は最大250GBのHDDと最大128GBのSSDを選択可能。光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブとBlu-rayドライブから選べる。バッテリー駆動時間は6セルバッテリーの場合、約6.3時間。OSはWindows Vista Businessで、Windows XP Professionalにダウングレードすることも可能。