マイクロソフトは7月21日、Mac向けの統合オフィスソフト「Office 2008 for Mac」向けにService Pack 2(SP2)の提供を開始した。同ソフトのユーザーを対象に、Webサイト「mactopia」から無償でダウンロード提供するほか、Microsoft Auto Update経由での提供も行う。

Office 2008 for Mac

 「Office 2008 for Mac」は08年1月に発売された統合ソフトで、Mac向けにWord、Excel、PowerPoint、Entourage 2008、Messenger for Macの5つのアプリケーションを収録。SP2では、速度・安定性および互換性を改善すると同時に、ユーザーからの要望が特に高かった2つの機能を新たに搭載した。

 1つ目の新機能は、モーションパス アニメーションが可能になる「アニメーションの軌跡」の追加。従来はモーションパスの再生のみが可能だったが、今回のアップデートによりパスの作成も可能になった。

 また、2つ目の新機能として「既定テーマ」において、フォント、カラースキーム、スライドのレイアウトなどを含め、デフォルトのテーマを設定することが可能になっている。

 さらに、Document Connectionを利用することにより、Word/Excel/PowerPointを含むOfficeアプリケーションから「Microsoft Office Live Workspace」へドキュメントの保存・閲覧ができるようになったほか、ブラウザのサポート範囲を拡大し、従来のFirefoxに加えてSafari 3も利用できるようになった。 adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111395');