ニフティは6月29日、モバイルWiMAXサービス「@nifty WiMAX(アット・ニフティ ワイマックス)」を月額4200円で7月1日から提供開始すると発表した。これにともない、アイ・オー・データ機器製のデータ通信カードとWiFi変換ルーターを同社ホームページや電話窓口で同日から販売開始する。

左から、データ通信カード「WMX-U03」、無線LANルーター「WMX-GW02A」


 「@nifty WiMAX」は、UQコミュニケーションズのネットワークを借り受けて提供するサービスで、最大通信速度が下り40Mbps/上り10Mbps。「@nifty」の接続サービス利用者が対象で、料金コースは、完全定額制の「@nifty WiMAX Flat」で、月額4200円。「@nifty」のサービスを利用していない場合は、月額4462.5円となる。なお、初期費用として別途2835円が必要。


 また、同時に発売する専用のUSB接続型データ通信カード「WMX-U03」の価格は1万2000円。USB2.0ポートを搭載した機器と、Windows Vista(32bit版)/XPを搭載したPCに対応する。WiFi用無線LANルーター「WMX-GW02A」をセットにした価格は2万4990円。無線LANはIEEE802.11b/gに準拠する。


 そのほか、7月1日から8月31日までの間に「@nifty WiMAX」に利用登録し、8か月以上継続してサービスを利用したユーザーを対象に、現金1万円をキャッシュバックするキャンペーンも実施する。