東芝は6月19日、液晶テレビ「REGZA(レグザ) A8000シリーズ」の32V型モデルの一部製品において、部品の不具合によりBS/110度CS放送が受信できない場合があることが確認されたとし、対象製品について無料で点検・修理を実施すると発表した。

32A8000

 対象となる製品は「REGZA A8000シリーズ」の32V型「32A8000」で、09年4-6月に販売した製品のうち、製造番号の先頭4ケタが9023、9024、9033、9034、9054のいずれかで始まる製品の一部。製品の型番は正面右下に記載されており、製造番号は製品背面から確認可能。

製造番号の確認方法

 製造番号の先頭4ケタが当てはまった場合、同社のHP上で全ての製造番号を打ち込むことで、修理を要するかどうか確認できる。また、HP上もしくは電話/FAXで受付窓口に連絡することで、技術者による無料点検・修理が受けられるという。

 受付窓口の電話番号は「0120-067-115(フリーダイヤル)」で、FAXは「0120-267-884(フリーダイヤル)」。受付期間は9:00-18:00(土・日・祝日を除く)で、FAXは24時間受付。なお、電話については、7月12日までは土・日の9:00-18:00の時間帯でも受け付ける。