アップルは6月12日、8日に公開した最新Webブラウザ「Safari 4」のダウンロード数が、公開から3日で1100万件を突破したと発表した。また、このうち半数を超える600万件以上のダウンロードがWindows版だったこともあわせて明らかにした。

Safari 4

 「Safari 4」は、VeriTestのiBench Version 5.0を初期設定のまま使って行なったHTMLベンチマークでは、Webページの読み込み時間がIE8の3倍以上、Firefox 3の3倍高速という結果を出した、アップルによると「世界最速かつ最も革新的なブラウザ」。

 新機能として、頻繁に訪れるページをプレビューで表示し、ワンクリックでサイトにジャンプすることができる「Top Sites」、訪問したウェブサイトの履歴やブックマークの検索がiTunesのアルバムアートをめくるようにできる「Cover Flow」などを備える。

 同ブラウザは、アップルの公式サイトから無料でダウンロード可能。対応OSは、Mac OS X Leopard 10.5.7、Mac OS X Tiger 10.4.11、Windows Vista/XP(SP2)。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111352');