ソフトバンク、「iPhone 3G S」を6月26日に発売 16GBモデルで月額480円から

ニュース

2009/06/09 16:30

 ソフトバンクモバイルは6月9日、米アップルが現地時間8日に発表したiPhoneの新モデル「iPhone 3G S」について、6月26日から日本国内で発売すると発表した。

iPhone 3G S

 端末の購入時には、同社が展開しているiPhone 3G向けのキャンペーン「iPhone for everybody キャンペーン」が利用可能。ユーザーが、2年契約を含む新規契約・新スーパーボーナスで「iPhone 3G S」を購入した場合、端末購入にかかる実質的な負担額は、16GBモデルで月額480円の24回払い(総額1万1520円)、32GBモデルで月額960円の24回払い(総額2万3040円)となる。また、通常は月額5985円のパケット通信料定額サービスの上限料金が、月額4410円で利用できるようになる。

ソフトバンクモバイルによる端末価格

 「iPhone 3G S」は、従来の「iPhone 3G」に比べて、アプリケーションの起動速度が2倍、ウェブサイトの表示速度が3倍に向上した新モデル。そのほか、動画撮影機能を備える300万画素のカメラや、ボイスコントロール機能、デジタルコンパスなどの機能も追加。バッテリー持続時間も向上し、Wi-Fi接続時で9時間(従来は6時間)の稼動が可能になった。

オススメの記事