オンキヨーは6月8日、「SOTEC」ブランドのミニノートPC「SOTEC C204 シリーズ」の新モデルとして、高速データ通信サービス「WiMAX」に対応した「SOTEC C204A5」と、オフィスソフト搭載の「同 C204A5B」を7月中に発売すると発表した。価格はオープン。

 薄型・軽量の10型ワイド液晶搭載のミニノートPC「SOTEC C204 シリーズ」に、インテル「WiMAX/WiFi Link 5150」を搭載したモデルで、外出先や移動中も無線で高速インターネットを利用できる。

 主な仕様は、CPUがインテル Atom N270(1.60GHz)、1GBメモリ、32GBのSSDなどで、OSはWindows XP Home Edition(SP3)。30万画素のWebカメラ、メモリカードスロット、サウンドシステム「Realtek ALC269オーディオコーデック(HD Audio準拠)」などを備えている。無線LAN機能は、IEEE802.11a/b/gに加え、IEEE802.11n ドラフト2.0にも対応する。

 本体サイズは、幅257×高さ23×奥行き180mm、重さは約960g。バッテリー駆動時間は約4時間。本体カラーはホワイト。実勢価格は、オフィスソフト非搭載の「SOTEC C204A5」5万9800円前後、「Office Personal 2007(SP1)」搭載の「同 C204A5B」が7万9800円前後の見込み。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111363');