パナソニックは6月4日、モバイルノートPC「Let'snote」の「R8シリーズ」に、低価格な「LIGHTモデル」を追加し、第一弾製品として「CF-R8WW1AJR」を6月26日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は15万円前後の見込み。

CF-R8WW1AJR

 「LIGHTモデル」の第一弾製品「CF-R8WW1AJR」は、CPUに超低電圧版のCore 2 Solo SU3500(1.40GHz)を採用し、価格を抑えた。従来の「R8シリーズ」同様、1024×768ドットの10.4型液晶、160GBのHDDを搭載する。光学ドライブは非搭載。そのほか、2GBのメモリ、OSはWindows Vista Business(SP1)を搭載する。

 バッテリー駆動時間は約8時間。本体サイズは幅229×奥行き187×高さ29.4-42.5mm、重さ約0.94kgで、「Let'snote」のコンセプト「軽量・長時間・頑丈(タフ)」を継承した。カラーはシルバーフェザー。

 また、同社直販サイト「マイレッツ倶楽部」で、64GBのSSD搭載モデル「CF-R8WWLAJP」を同日に発売する。ストレージ以外の仕様は店頭モデルとほぼ同じで、価格は16万9700円から。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111389');