ソニーは6月2日、カナル型のノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-NC300D」を6月21日に発売すると発表した。価格は3万975円。

 内蔵するマイクロホンで検知した騒音をデジタル化、信号処理を施すことで逆位相の音を発生させ、騒音を約98.4%低減する。

 常に周囲の騒音を分析し、3つのノイズキャンセリングモードの中から使用環境に適したモードを自動で選択する「フルオートAI(Artificial Intelligence)ノイズキャンセリング機能」を備える。

 また、同社独自のフルデジタルアンプ「S-Master」をヘッドホン用に最適化して搭載。出力まで一貫してデジタル処理を行うことで、音の歪み、劣化、変換時に生じるノイズを最小に抑え、原音を忠実に再生する。

 型式は密閉ダイナミック型で、口径16mmのドライバーユニットを採用。再生周波数帯域は6-2万4000Hz。電源は単3形乾電池1本で、最大約20時間使用できる。 adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111380');