アクトビラは5月26日、07年2月に開始したデジタルテレビ向けのコンテンツ提供サービス「アクトビラ」の累計接続台数が100万台に達したと発表した。

「アクトビラ」のトップページ(イメージ)

 アクトビラは、07年2月からニュース、天気、株価などの情報提供サービス「アクトビラ ベーシック」を開始。07年9月にはビデオ・オン・デマンド(VOD)の映像配信サービス「アクトビラ ビデオ(ストリーミング・サービス)」に加え、08年12月からは「アクトビラ ビデオ(ダウンロード・サービス)」を開始するなど、豊富なコンテンツを提供している。

 09年1月以降、「アクトビラ」の新規接続台数は順調に推移。09年4月の「アクトビラ」対応テレビの新規接続台数は、過去最高の約7万台に達した。

 現在、「アクトビラ ビデオ」に対応するテレビや関連機器は、パナソニックやソニー、シャープなどの6社129機種。このうち、「アクトビラ ビデオ・フル」対応機器は89機種。また、「アクトビラ」対応のテレビと関連機器は全体で9社197機種にのぼり、現在発売中もしくは発売予定となっている。