パナソニック、大容量64GBメモリ搭載などビデオカメラ新モデル2機種

ニュース

2009/05/21 14:10

 パナソニックは5月20日、デジタルハイビジョンビデオカメラの新製品として、大容量64GBのフラッシュメモリを搭載した「HDC-TM350」と、軽量タイプの「同TM30」を6月25日に発売すると発表した。価格はオープン。

(左から)「HDC-TM350」「HDC-TM30」

 「TM350」は、ビデオカメラに内蔵するフラッシュメモリで世界最大容量の64GBを搭載。フルハイビジョン画質(HXモード)で最長16時間40分の撮影を実現した。さらに別売りの32GBのSDカードを追加すれば、合計で24時間40分の撮影が可能になる。

 総画素数915万画素の撮像素子を搭載。新光学式手ブレ補正機能により、歩きながらの撮影でも手ブレを抑える。バッテリーを含む本体サイズは幅70×高さ72×奥行き141mmで、重さは約450g。カラーはメタリックグレー。実勢価格は15万円前後の見込み。

 「HDC-TM30」は、32GBのフラッシュメモリを搭載し、本体の重さが約227gの軽量コンパクトなフルハイビジョンビデオカメラ。「TM350」と同様の新光学式手ブレ補正を搭載している。バッテリーを含む本体サイズは幅47.5×高さ63×奥行き114.5mm、重さは約278g。カラーは、プラチナシルバー、オニキスブラック、クランベリーレッドの3色。実勢価格は10万円前後の見込み。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111389');

オススメの記事