日立マクセルは3月26日、カセット型HDD「iVDR」が再生できるiVマルチプレーヤー「VDR-P100」を4月1日に発売すると発表した。同社直販サイト「マクセルオンライン」の限定モデルで、価格は3万円前後の見込み。

iVDR

 「iVDR」は、日立製作所の薄型テレビ「Wooo」が採用している着脱可能なカセット型リムーバブルHDD。「VDR-P100」は、iVDR規格に保存したコンテンツの再生のほか、パソコンの外付けiVDRドライブとしても使用可能できるマルチプレーヤー。パソコンに保存したハイビジョン映像データをiVDRに記録してテレビで視聴したり、家庭内にあるネットワーク上のコンテンツをストリーミング再生することもできる。

 対応メディアは、iVDR-Secure/iVDR/iVDR Mini。再生フォーマットは動画がMPEG1/MPEG2/MPEG4/WMV9/H.264、音楽がMP3/WMA/LPCM/AAC。インターフェイスは、HDMI端子、D端子、S-ビデオ端子、コンポジットビデオ端子(AVマルチ端子)、 光デジタル音声出力(5.1ch対応)、USB2.0接続端子、LAN端子など。本体サイズは幅198×奥行き163×高さ26mm、重さ約420g。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111390');