キングソフト、Office2007のファイル形式を読み込める統合オフィスソフト

ニュース

2009/03/26 17:43

 キングソフトは3月26日、Microsoft Officeとの互換性を高めた統合オフィスソフト「KINGSOFT Office 2010」を発売した。パッケージ版の価格はオープンで、実勢価格は8000円前後の見込み。ダウンロード版は4980円。

KINGSOFT Office 2010

 Microsoft Office 2007のファイル形式で保存されたワード、エクセル、パワーポイントの各ファイルの読み込みに対応。同社が独自に開発したさまざまなプラグインも提供しており、「表のスタイル」機能では、ワンクリックで表の見た目を変えられるほか、PDFやFlash形式での書き出しに対応する。また、表計算ソフト「Spreadsheets」は新たに25の関数を追加し、計259の関数に対応した。なお、既存の「KINGSOFT Office 2007/2007 Plus」のユーザーに対しては、自動アップデート機能により、順次、2010版にバージョンアップを行う。

オススメの記事