ケンウッド、高音質技術を生かしたオーディオシステム、2色展開で

ニュース

2009/03/24 16:21

 ケンウッド・ホームエレクトロニクスは3月23日、アンプ、CDプレーヤー、スピーカーを収めたコンパクトなオーディオシステム「U-K323」を4月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

U-K323

 アンプには高音質を追求した技術「フルデジタルプロセッシング」を採用。入力した音楽信号に悪影響を与える干渉やノイズを排除する。また、オーディオ回路から電源部を構造的に分離したことで、アンプ部の高精度な信号を増幅する。立体感ある音場を再現する技術「DTS Surround Sensation」を一体型2chシステムとして世界で初めて搭載した。

 さらに、自然な音質で再生する「MDFキャビネットスピーカー」を内蔵。迫力ある重低音を出力する構造「ロングエグゾースト・ダクト」を採用したほか、自然な音の広がりを再現する新開発の8cmフルレンジユニットも備える。

 アンプの実用最大出力は20W×2。FMラジオチューナーも搭載する。本体の素材にはアルミを採用した。サイズは幅390×高さ119.5×奥行き267mm、重さは5.8kg。カラーはシルバーとブラック。

オススメの記事