バッファロー、トレンドマイクロのウイルス検出ソフトを内蔵したUSBメモリ

ニュース

2009/03/05 13:31

 バッファローは3月4日、トレンドマイクロのウイルス検出ソフトを内蔵するなど、セキュリティー機能を備えたUSBメモリ「RUF2-HSCL-Uシリーズ」計4モデルを3月中旬に発売すると発表した。ラインアップと価格は、容量1GBモデルが5300円、2GBモデルが7400円、4GBモデルが1万2500円、8GBモデルが1万7800円。

 トレンドマイクロのウイルス検出ソフト「Trend Micro USB Security for Biz」を内蔵したほか、データを自動的に「AES256bit」方式で暗号化して保存、コピーができるセキュリティ機能を備えたUSBメモリ。パソコンからUSBメモリに書き込むファイルを常時監視し、ウイルスを検出すると、警告表示とともに感染ファイルをUSBメモリ内の専用フォルダーに隔離し、ウイルス感染を防止できる。

 また、インターネットに接続しているパソコンにつなぐと、パターンファイルを自動的に更新するため、新種・亜種のウイルスにも対応する。ウイルス検出結果一覧をログで確認できるほか、隔離ファイルの復元・削除も可能。対応OSは、Windows 2000(SP4以降)/XP/Vista(32bit/64bit)。サイズは幅19×高さ9×奥行き76mm、重さ約12g。

オススメの記事