ビクターアドバンストメディアは1月27日、最大6倍速の高速くり返し記録に対応した録画用DVD-RWを2月18日に発売すると発表した。価格はオープン。記録速度2-6倍速で5枚パック「VD-W120SX5」が1600円前後、同10枚パック「VD-W120SW10」が2500円前後、2-4倍速で10枚パック「VD-W120HW10」が2000円前後の見込み。

左から「VD-W120SX5」「VD-W120SW10」「VD-W120HW10」

 高速記録対応のDVD-RWで、約1000回のくり返し録画ができる。地上・BS・110度CSデジタル放送などの番組を1回だけ録画できる「コピーワンス」、HDDに録画した番組を9回のコピーと1回のムーブができる「ダビング10」に対応。対応するDVDレコーダーで、ディスク1枚(容量4.7GB)分の内容を最短約10分で高速ダビングまたはムーブできる。

 ディスクレーベル面は、インクジェットプリンタに対応するほか、水性、油性ペンでも書き込みできる。5枚パックの「VD-W120SX5」はカラーディスク、10枚パックの「VD-W120SW10」と「VD-W120HW10」はホワイトディスク仕様になっている。