ソニーは1月21日、非圧縮の録音形式「リニアPCM」および、汎用性の高い「MP3」録音にも対応したステレオICレコーダー2機種を2月21日に発売すると発表した。価格はオープン。ラインアップと実勢価格は、内蔵メモリの容量が4GBの「ICD-SX900」が2万5000円前後、2GBの「ICD-SX800」が2万円前後の見込み。

 非圧縮の「リニアPCM」録音対応により、楽器演奏などを高音質に録音できるようにした。また、汎用性の高い「MP3」形式、長時間録音ができる同社独自の「LPEC」方式にも対応、会議や講演などの記録から楽器演奏まで幅広いニーズに応えた。

 再生対応フォーマットは、リニアPCM、MP3、LPEC、WMA。リニアPCMのサンプリング周波数は44.1kHz/16bit。電源は、単4形乾電池のほか、USB充電にも対応する。サイズは幅31.3×高さ130.0×奥行15.4mm、重さは約75g。本体カラーは「ICD-SX900」がダークシルバー、「ICD-SX800」がシルバー。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111380');