アイファイジャパンは12月3日、無線LAN機能を搭載したSDメモリカード「Eye-Fi カード」を国内向けに発売すると発表した。デジタルカメラの画像をPCに無線転送できる製品で、まずは、オンラインアルバムへのアップロード機能を備えた容量2GBの「Eye-Fi Share」を年内をめどに発売する。価格は9980円。


 「Eye-Fi Share」は、付属の管理ツールソフト「Eye-Fi Manager」をPCにインストールし、無線LANと写真の転送先を設定して利用する。デジタルカメラで写真を撮影すると、設定した転送先に自動で送られる仕組み。転送先には、PCに加えてブログや写真共有サイト「Flickr」、大手SNS「Facebook」なども設定可能。PCへの転送や、オンライン上へアップロードができる写真の枚数は無制限。無線LANはIEEE 802.11g、OSはWindows Vista/XP、Mac OS X 10.3-10.5に対応する。

 

「Eye-Fi カード」(写真は米国で発売しているもの)

 米アイファイのJef Holoveプレジデント兼CEOは、日本市場について「大きなマーケットであることはもちろん、カメラユーザーの知識が豊富で、オンラインコミュニティーも活発」であることから、「Eye-Fiにとって非常に重要かつ適した市場」と期待を示した。今後は、米国ですでに販売しているジオタグに対応したモデルなど合計3製品を、日本市場に順次投入していく方針。

 

 

(左から)米アイファイのJef Holoveプレジデント兼CEOと
アイファイジャパンの田中大祐代表取締役


 田中大祐・アイファイジャパン代表取締役は、「Eye-FiとPCを接続するのは、購入後にEye-Fi Managerの設定をする時の1度だけ。後はデジタルカメラで撮影するだけで、瞬間的にPCやオンライン上に写真がアップロードされる」と、使いやすさをアピールした。

 なお、「Eye-Fi Share」は、オンライン上で先行予約販売の受け付けを同日から開始した。