ジャストシステムは9月10日、起動時間やスキャン時間を短縮した総合セキュリティソフト「Kaspersky Internet Security 2009(KIS)」と、アンチウイルスソフト「Kaspersky Anti-Virus 2009(KAV)」を、10月3日に発売すると発表した。


 ウイルスエンジンを刷新することで、検知率を下げずに起動時間やスキャン時間を短縮することを実現。これにより前バージョンと比較して、起動時間を約40%、完全スキャン時間は初回時で約30%、2回目で約86%短縮した。


 アプリケーションフィルタリング機能も刷新。これまで一定だった監視レベルを細分化。アプリケーションの信頼度に基づいて「信頼済み」「弱い制限付き」「強い制限付き」「禁止」の4段階のカテゴリに分類することで、信頼度に基づいて監視レベルを自動設定し、PCの負荷を軽減する。また、警告確認のポップアップ表示を大幅に減らすことになるため、わずらわしさも解消できる。

 このほか、総合セキュリティソフトの「Kaspersky Internet Security 2009」は、キーロガーなどによる機密情報漏えい対策として画面上にソフトウェアキーボードを表示する「セキュリティキーボード」機能、無線LANの接続の際に接続先の確認を促す「無線LAN接続確認機能」などを搭載する。

 製品発表会で横井太輔・Kasperskyプロジェクトリーダーは、「(Kaspersky Labの報告によると)07年に検知された新種/亜種ウイルスの数は06年の2倍以上だった。今後も爆発的に増加することが予想される」と説明。増加するウイルスに対処するため、定義ファイルの更新回数を、従来の1時間に1回から、45分に1回とし、新たなウイルスからPCを守る体制を強化したことを明らかにした。


 両ソフトとも、通常版と、他社ソフトからの乗り換え版、複数ユーザー版やダウンロード版などを用意する。価格は「Kaspersky Internet Security 2009」の通常版が1万2800円、優待版が6800円、通常版のダウンロードが8900円。「Kaspersky Anti-Virus 2009」の通常版が8800円、優待版が5800円、通常版のダウンロードが6400円。なお、優待版は無料ソフトからの乗り換えも対象になる。