日本ヒューレット・パッカード(小出伸一社長)は8月21日、法人向けノートPC「HP Compaq」シリーズで、エントリーモデルとなる新型5機種を発売した。ラインアップは、「6730b/CT」「6535s/CT」「2230s/CT」「6830s」「550」。

 「6730b/CT」「6535s/CT」「2230s/CT」はカスタマイズ対応モデルで、メモリは「6730b/CT」「2230s/CT」が1GB/2GB/4GBから、「6535s/CT」が1GB/2GBから、HDDは3機種とも120GB/250GBから選択できる。

 「6730b/CT」は15.4インチワイド液晶を備え、CPUはCore 2 Duo P8400(2.26GHz)/P8600(2.4GHz)から選べる。OSを起動させずに「Microsoft Outlook」のメールとスケジュールを確認できる機能「HP QuickLook 2」を搭載。9月下旬以降は、光学ドライブを入れ替えてHDDの増設用ベイとしても利用できる「アップグレードベイ」も選択できるようになる。サイズは幅356×奥行き266.8×35.3mm、重さは2.7kgで、価格は11万5500円から。

 14.1インチワイド液晶の「6535s/CT」はAMDアーキテクチャを採用。CPUはAMD Sempron SI-40(2GHz)、Athlon 64 X2 QL-60(1.9GHz)、Turion X2 RM-70(2GHz)から選択する。衝撃や振動からHDDを保護する「HP 3Dドライブガード」を備え、サイズは幅338×奥行き246.4×高さ32.5mmで、重さは2.2kg。価格は6万2790円から。

 「2230s/CT」は12.1インチワイド液晶のモバイルノートPC。CPUはCore 2 Duo P8400(2.26GHz)/P8600(2.4GHz)から、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブ/DVD-ROM/なしから選択できる。ケーブル1本で映像と音声を同時に出力できるHDMI端子も備え、サイズは幅295×奥行き230×高さ33mmで、光学ドライブ非搭載時の重さは1.58kg。価格は10万500円から。

 「6830s」は1440×900ドットの17インチワイド液晶とテンキー付きのフルサイズキーボードを装備。CPUがCeleron 575(2GHz)で無線LAN非対応モデルと、Core 2 Duo P8400(2.26GHz)で無線LAN.11a/b/g/n Draft2.0対応モデルを用意。グラフィックスにMobility Radeon HD 3430を採用し、1GBのDDR2メモリ、120GBのシリアルATA HDDを搭載する。サイズは幅398×奥行き285×高さ33.8mm、重さは3.1kgで、価格は8万6100円から。

 15.4インチワイド液晶の「550」は、CPUにCeleron M 530(1.73GHz)、512MBのDDR2メモリ、120GBのシリアルATA HDDを搭載する。サイズは幅358×奥行き268×高さ33mm、重さは2.57kgで、価格は7万3290円。

 OSは全モデルでWindows XP Professionalへのダウングレード権が付属するWindows Vista Businessが選択可能で、無償でXP Professionalのプリインストールもできるほか、Vista Businessを再インストールできるリカバリメディアを同梱する。「6730b/CT」「6535s/CT」「2230s/CT」「6830s」は、ファイル単位でデータを完全消去できる「ファイルサニタイザ for HP ProtectTools」を備え、指紋認証、スマートカードリーダー搭載モデルも用意する。