NEC(矢野薫社長)は個人向けノートPCの秋冬モデルとして「LavieN」とオンライン販売モデル「LavieGタイプN」を8月5日に販売開始した。

 今回販売のモデルでは、「A4サイズでは携帯しづらいというユーザーの不満があった」(同社広報)ことから、13.3型ワイド液晶を採用。A4サイズで15.4型ワイド液晶を搭載したLaVie Lスタンダードタイプに比べ、設置面積で約24%、重量を約38%軽くしたコンパクトサイズに仕上げる一方、キーボードは打ちやすさを考慮し、A4型で採用されているものと同じタイプを搭載したのが特徴。

 色は「モノトーン」「モカレイヤード」「ピンクレイヤード」に加え、同社の直販サイト「NEC Direct」限定の「アクティブオレンジ」の4色展開。

 また、USBレーザーミニマウスを標準付属品としてつけているが、「ノートPCに付属しているようなミニマウスでレーザー式を採用しているようなものはあまりない」(同社説明員)としている。

 また、富士フイルムの顔認識エンジン「フェイスサーチナビ」を元に自社開発した画像編集・加工ソフト「Smart Photo(スマートフォト)」をプレインストールしたことで、PCに保存した写真のなかから特定の人物の顔をキーにして、写真を検索することが可能となっている。価格はオープン。


週刊BCN 2008年8月25日付 Vol.1248より転載