富士通、シニア向けにPCとサポートサービスをセットにした「らくらくパック」

サービス

2008/06/19 19:29

 富士通は6月19日、シニア層をターゲットにしたPCとサポートサービスのセット「FMVらくらくパック」を発売した。2000台限定で、直販サイト「WEB MART」と、電話による購入相談窓口のみで販売する。

 「FMVらくらくパック」は、PCとアフターサービスをセットにしたパックで、シニア層を中心にした初心者ユーザーをターゲットにしている。購入者は、専用スタッフによるPCの設置からOSの初期設定、キーボードマウスの操作レッスンなどをしてくれる訪問サービス、購入者専用番号を用意する電話相談窓口、専用ホームページの利用などのサポートサービスを受けることができる。また、同時にブロードバンドサービス「@nifty」に申し込むと、インターネット接続設定を行う訪問サービスも提供する。


 セットになるPCは、08年4月に発売したデスクトップPC「FMV-DESKPOWER EK/A50」「「EK/A30」、ノートPC「FMV-BIBLO NF/A70」の3モデルをベースにした。全モデルに2GBメモリとCore 2 Duoを搭載し、OSにWindows Vista HomePremium SP1、統合オフィスソフト「Office Personal 2007」、毛筆ハガキソフト「筆ぐるめ Ver.15」など、厳選したソフトをプリインストールする。このほか、キーボードの入力早見表や、サポートガイドなど、A4サイズの専用マニュアルセットも添付する。


 使い勝手に考慮し、わかりやすさを重視したメニュー画面を用意。「インターネット」「メール」「ハガキ作成」をワンボタンで起動できる「簡単メニュー」を搭載した。インターネットでは、画面文字やアイコンが大きく表示されるように初期設定した。また、ニュースや天気情報などを掲載する「毎日のページ」、問い合わせ窓口が確認できる「困ったときのページ」、PCスキルの習得を支援する「学習のページ」3つの専用サイトを新設した。


 価格は、「EK/A50」が18万8800円、「EK/A30」が14万8800円、「NF/A70」が18万4800円。また、直販サイトでは、「新製品・モニターキャンペーン」として各モデル先着100台限定で、「EK/A50」を17万9800円、「EK/A30」を13万8800円、「NF/A70」を15万4800円で販売する。

 会見で三竹兼司・パーソナルビジネス本部本部長代理は、「PCはシニア層にとって、まだまだサポートが必要な商品。今回を『FMVらくらくパック』プロジェクトの第1弾と位置付け、今後はソフトやサポートだけでなく、操作や入力といったハードも、シニア向けにカスタマイズさせていきたい」と語った。

オススメの記事