マイクロソフト、携帯端末向けのOS「Windows Mobile 6.1」

ニュース

2008/06/19 10:30

 マイクロソフトは6月18日、携帯端末向けOS「Windows Mobile 6.1 日本語版」を発表した。

 「Windows Mobile 6.1」は、従来のバージョンに比べ、電子メールの設定やBluetoothのペアリング、Wi-Fi接続の確立を簡易化。また、SMSメッセージの閲覧性の向上や受信名の自動コンプリート機能などを実装。さらに、「Internet Explorer Mobile」の機能強化や、タスクマネージャーユーティリティによる、アプリケーションの終了や切り替え機能などを実装する。

 エディションは、音声通話中心でタッチスクリーンが不要な端末向けの「Windows Mobile 6.1 Standard」、データ通信中心でタッチスクリーンがある携帯端末向けの「Windows Mobile 6.1 Professional」、非接続型でタッチスクリーンを搭載する端末向けの「Windows Mobile 6.1 Classic」の3つ。

 また、Windows Mobile搭載端末のセキュリティや管理を強化する「Microsoft System Center Mobile Device Manager 2008 日本語版(SCMDM 2008)」も同時に発表した。なお、「Windows Mobile 6.1」は「SCMDM 2008」のクライアント機能を搭載する。

 ラインアップと参考価格は、「System Center Mobile Device Manager 2008 Server」が26万1600円、「System Center Mobile Device Manager 2008 Server with SQL Server Technology」が37万円、CALライセンスはユーザー単位とデバイス単位ともに7000円。

オススメの記事