松下電器産業は6月5日、ズームマイク搭載のICレコーダー「RR-QR280」を6月20日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は8000円前後の見込み。

 本体に内蔵する2つのマイクで集音し、位相合成回路で処理することで、狙った前方向からの音を強調し、周囲の音を抑えて録音する。ズームのON/OFFは、本体側面のスイッチで切り替えが可能。

 録音内容を誤って消去してしまうことを防ぐ「誤消去防止ファイルロック機能」、録音内容をパスワードで守るセキュリティ機能「クルッとセキュリティ」を搭載。本体正面のジョグダイヤルを使うことで、聞きたい音声ファイルや聞きたい部分にすばやくアクセスできる。

 再生速度を変えられる5段階スピードコントロール機能や、録音対象の音の大きさによって録音感度の切り替えができる機能なども搭載。録音した音声は直径20mm大型スピーカーから、270mWの出力で再生ができる。

 メモリー容量は256MBで、最大録音時間はSPモードで約167時間40分、HQモードで約39時間。サイズは幅39.3×高さ105.5×奥行き17.2mmで、乾電池を除いた重さは約38g。電源は単4形アルカリ乾電池×2本。