ビックカメラ、906i/PRADA Phone発売で記念イベント、夏商戦の起爆剤へ

イベント

2008/06/02 13:33

 ビックカメラ(宮嶋宏幸社長)は6月1日、NTTドコモの最新端末「906i」シリーズおよび、人気ブランド「プラダ」が企画した端末「PRADA Phone」の発売を記念し、「ドコモ906i&PRADA Phoneデビュー記念イベント」をビックカメラ有楽町店で開催した。


 冒頭、ビックカメラの宮嶋宏幸社長が「『906i』は前モデル『905i』から大きく進化したと聞いており、大変楽しみな端末。ユーザーから非常に好評で、なかなか供給が追いつかなかった『905i』のように、夏の商戦の起爆剤となってくれることを期待している。」と挨拶した。


 続いて山田隆持・NTTドコモ副社長が挨拶し「『906i』は、着実に需要が伸びている動画機能を搭載した『オールラウンド動画ケータイ』。モバイル動画は、今後の成長の鍵になるのでしっかりと取り組んでいきたい。また『PRADA Phone』はデザインだけでなく、日本向けに機能を追加した。どちらも、ユーザーの方々に新たな体験をしてもらえると確信している」と新製品をアピールした。


 ドコモの「906iシリーズ」は、従来の「905iシリーズ」から動画性能をさらに強化した「オールラウンド動画ケータイ」がテーマ。いずれのモデルも「iメニュー」のトップ画面に動画ポータルのメニューを設置するなど、動画視聴機能を強化している。一方。「PRAFDA Phone」は、「プラダ」のブランドネームを冠し、世界初の全面タッチスクリーンを搭載した携帯電話端末で、これまで世界44か国に投入し、計80万台を販売している。

 開店前の早い時間に関わらず、記念イベントには多くのユーザーが詰めかけた。開店後は新製品が目当てのユーザーで、携帯電話売り場は賑わい、順調な滑り出しがうかがえた。

オススメの記事