ノキア・ジャパン、「NM705i」の発表会を開催、知花くららさんも登場

ニュース

2008/02/06 20:36

 ノキア・ジャパンは2月6日、NTTドコモ向けの第3世代(3G)携帯電話「NM705i」の発表会を東京・六本木の東京ミッドタウンで行った。会場にはタレントの知花くららさんがゲストで登場。NM705iの印象などを話した。


 発表会は、ファッションショー形式で開催。「NM705i」のコンセプトである「世界対応」と「スタイリッシュデザイン」をテーマに、「世界対応」では海外旅行をするカップルにふんしたモデルがNM705iで国際電話をかけるシーン、「スタイリッシュデザイン」ではパーティドレスを着た男女モデルがNM705iを使う様子を次々に舞台で演じた。


 ショーの最後には演出にも関わったという知花くららさんが登場。知花さんは、NM705iについて「すごく小さくて可愛い。アクセサリーのように、ファッション感覚で楽しめるケータイ」と感想を話した。また、海外旅行の思い出についてきかれると、「最近、イタリアのシチリア島に行ったのですが、故郷の沖縄と雰囲気がすごく似ていて印象的でした」と話した。


 NM705iはノキアがドコモ向けに供給する第2弾目となるFOMA端末。薄さが15mm、重さが89gのコンパクトなストレートタイプの携帯電話。3GとGSMを使って世界の約155の国と地域で使用できるドコモの国際ローミングサービス「WORLD WING」に対応する。端末は側面を覆うシルバーフレームを使用し、金属感を出したシンプルなフォルムにすることでデザイン性を高めた。


 ディスプレイは約2インチのQVGA液晶、カメラは有効190万画素CMOS。MP3やAAC形式などの音楽ファイルを再生できる「ミュージックプレーヤー」機能、Bluetooth通信機能、和英16万6000語、英和8万1000語を収録した辞書などを搭載する。カラーは、ビターオレンジ、スタイリッシュブラック、ノーブルホワイトの3色。発売は2月中を予定している。


 会見でノキア・ジャパンのタイラー・マクギー社長は、「当社は昨年、世界で約4億3700万台の携帯端末を販売した3G端末では世界ナンバーワンメーカー。NM705iのヨーロッパ的なデザインは、日本でも広く受け入れてもらえる」と、端末の販売に自信をみせた。

オススメの記事