ザイセルジャパン、SOHO・家庭向けネットワークストレージケース

ニュース

2008/02/06 11:03

 ザイセルジャパン(大森成家社長)は、ギガビットLANに対応するネットワークストレージケース「NSA-220」を2月初旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3万円台前半の見込み。

 「NSA-220」はHDDを2台内蔵できるHDDケースで、ネットワークストレージとして動作する。接続形式はSATAで、HDDはそれぞれ最大1TB、合計で最大2TBまで搭載できる。HDDのフォーマットはFAT16/FAT32/EXT2/EXT3/ReiserFSで、動作モードはRAID0/1とJBODに対応する。本体前面にUSBポートを2基装備し、USBメモリからHDDへ簡単にデータをコピーできるワンタッチボタンを装備した。

 LANはギガビットイーサネットを搭載し、ネットワーク経由のほか、FTPによる転送も可能。デジタル機器の家庭内ネットワークの規格「DLNA」に対応し、PCや携帯電話、PDAなどのDLNAクライアントと連携できる。

 このほか、ウィザード画面から簡単にPCデータのバックアップファイルを作成できるソフトウェア「Memeo」を付属する。対応OSはWindows Vista/XP/2003/2000、Linux Redhat。サイズは幅202×奥行き113×高さ142mmで、重さは1.5kg。

オススメの記事