ソニー(中鉢良治社長)は1月30日、有効2481万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを開発したと発表した。高画質と高速な撮像性能が求められるデジタル一眼レフカメラでの利用を見込み、08年中に量産を開始する。

 独自の回路設計技術と製造技術を導入することで35mmフルサイズで高画素を実現した。また、A/D(アナログ-デジタル)変換器を画素の垂直列ごとに並列配置した独自の「列並列A/D変換方式(カラムA/D変換方式)」を採用することで、撮影したアナログ信号を伝送中に混入するノイズで起きる画質の劣化を抑えた。同時に全画素読み出しで6.3フレーム/秒の高速な信号の読み出しを可能にした。