ソーテック、08年春モデル、デスクトップ15モデルとノートPC6モデル

ニュース

2008/01/18 10:34

 ソーテックは、08年春モデルとしてデスクトップPC「PC STAION BJ」シリーズと、ノートPC「WinBooK WH」シリーズを1月18日より順次発売すると発表した。価格はすべてオープン。

 「PC STATION BJシリーズ」は、スリムタワー型のデスクトップPCで、従来モデルから本体色を一新し、ナチュラルホワイトを採用した。全機種ともGPUにGeForce 7100と、モニタ接続用にHDMI出力端子を搭載する。本体サイズは、幅95×奥行き434×高さ341mmで、重さは7.6kg。

 最上位モデルの「BJ9715PC/22WD」は、コントラスト比が1000:1、応答速度5msの22型ワイド輝き液晶ディスプレイとのセットモデル。CPUにCore 2 Duo E4500、2GBのDDR2メモリ、500GBのHDDを搭載。OSはWindows Vista Home Premiumを採用し、統合ソフトのOffice Personal 2007に加えPowerPoint 2007を搭載する。実勢価格は17万4800円の見込み。このほか、液晶ディスプレイのサイズやOS、メモリ容量、HDD容量などが異なる14モデルをラインアップする。

 一方、ノートPC「WinBook WHシリーズ」は、15.4型ワイド輝き液晶を搭載し、天板のカラーにパールホワイトを採用した。全機種ともにIEEE802.11a/b/gに準拠した無線LANを内蔵している。本体サイズは、幅358×奥行き263×高さ36mmで、重さはバッテリパックを含め2.6kg。

 最上位モデルの「WH5515PB」は、インテルの45nmプロセスを採用し、3MBのL2キャッシュを備えるCore 2 Duo T8100と、2GBのDDR2メモリ、120GBのHDDを搭載する。OSはWindows Vista Home Premiumで、Office Personal 2007をプリインストール。実勢価格は14万4800円の見込み。このほか、CPUやOSなどが異なる5モデルを揃えた。

オススメの記事