シャープ、液晶テレビ「AQUOS」G・Dシリーズ向けシアターラックシステム

ニュース

2008/01/18 10:31

 シャープは1月16日、液晶テレビAQUOS」Gシリーズ、Dシリーズの42V型と37V型のサイズに合うシアターラックシステム「AN-ACD2」を、2月1日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は9万5000円前後の見込み。

 広いリスニングエリアを確保するスピーカーシステムと、クリアな音質を実現する独自の「1ビットデジタルアンプ」を搭載。さらにドルビー独自の技術「ドルビーバーチャルスピーカー」「Audistry(オーディストリー) by Dolby」を採用することで、2チャンネルスピーカーとサブウーハーだけで5.1チャンネルサラウンドのような音響を実現し、臨場感溢れる音を楽しめる。

 液晶テレビ「AQUOS」や「AQUOSブルーレイ」「AQUOSハイビジョンレコーダー」と連携した操作が行える「AQUOSファミリンク」に対応し、リモコン一つで簡単に操作できる。「映画」「音楽」「スポーツ」など、計11種類のコンテンツに適切な音質に調整するサウンドモードも装備し、視聴番組に合わせて自動選択も行える。

 棚板部にはBDレコーダーやDVDレコーダーを2台収納可能。スピーカーユニットを装備するキャビネット前面部には、高密度なMDF材と表面に光沢のあるEBコートシートを採用し、高級感あるデザインに仕上げた。

 外形サイズは幅1141×高さ442×奥行き435mm、重さは約49kg。最大出力はフロントが25W+25W、サブウーハーが100Wの計150W。インターフェイスはHDMI×1、角型光入力×2、ピンジャック(L/R)×1など。

オススメの記事