エグゼモード、ハイビジョンのムービーカメラを2万5000円前後で

ニュース

2007/12/21 14:03

 エグゼモード(藤岡淳一社長)は12月20日、SD/SDHCメモリカードに対応するCMOSセンサー搭載のハイビジョンデジタルムービーカメラ「EXEMODE DV580HD」を1月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は2万5000円前後の見込み。

 有効503万画素のCMOSセンサーを搭載し、秒30コマで解像度1280×720ドットのハイビジョン動画を撮影できる。録画記録フォーマットにはH.264方式を採用した。最大8GまでのSD/SDHCメモリカードに対応。32MBの内蔵メモリも備え、最大104秒の動画を保存できる。また3200×2400ドットの静止画の撮影もできる。

 液晶モニタには、大画面の3.0型TFT液晶を採用した。出入力端子には、ハイビジョン映像を出力できるコンポーネント映像出力とD4端子を装備する。USBマスストレージに対応し、PCへの取り込みも簡単に行える。サイズは幅41×奥行き111×高さ68mm、重さ227g。

オススメの記事