日鉄エレックスは12月18日、聞く・話すことができる双方向の防雑音イヤホンマイク「e耳くん」を08年4月1日に発売すると発表した。価格は有線タイプが4万円、無線タイプが6万円。

 送話、受話両方の音声鳴動を耳の中に入れた1つのインナーマイクで拾うことで、場所や利用シーンを選ばず質の高いコミュニケーションが行えるイヤホンマイク。三洋電機が開発した「イヤホンマイクLSI」と「ノイズキャンセルLSI」を搭載することで「全二重騒音抑制型」を実現し、騒音が激しい環境でも明瞭で自然な双方向会話が行えるようになった。

 人の発声にともなう空気振動を耳の内部で捉えることで、1つのイヤホンで、聞くだけでなく話すことも可能。本来スピーカーとして利用している振動板で、耳の中で発生した微弱な空気振動をキャッチし、「イヤホンマイクLSI」で音声信号に変換。さらにエコーキャンセルなどの処理を行うことで、スピーカーから回り込む音に埋もれた微弱な発話音声だけを取り出し、高品質な音声として相手に送り出す。

 イヤホン内部の振動板に音が伝わりにくい3重の遮音構造を採用すると同時に、耳栓効果のある密着度の高いイヤーパットを使用することで、外部騒音の影響を6分の1程度まで低減。さらに、「ノイズキャンセルLSI」を搭載することで、元の音の60分の1程度まで騒音の影響を低減する。広い会場でのグループ通話や、イヤホンマイクならではのハンズフリー通話、音声認識機器との接続にも使用できる。

 電源はリチウムイオン電池。対応無線機は、有線タイプが携帯電話/PHS/無線IP電話機/PDA、無線タイプがBluetooth内蔵携帯電話/Bluetooth内蔵PDA/PC。本体サイズは有線タイプが幅36×高さ59×奥行き14.5mm、重さは約60g。無線タイプが幅47×高さ79×奥行き17mm、重さは約70g。