クロスランゲージ、パソコン用音声録音ソフト「超驚録」のパッケージ版

ニュース

2007/12/12 10:13

 クロスランゲージ(古賀勝夫社長)は12月11日、テクノクラフト(齋藤孝春社長)が開発したパソコン用音声録音ソフト「超驚録(ちょうきょうろく)」のパッケージ版を12月14日に発売すると発表した。価格は3480円。

 PCから出力される音楽、音声などをデジタルデータで録音・保存できるソフト。PCで再生するCDやDVDなどの音楽や音声の録音はもちろん、Skypeなどのインターネット通話の録音、インターネットラジオやPodcast、YouTubeやニコニコ動画などのインターネット・コンテンツの音声録音、アナログカセットテープやレコードプレイヤーからの録音など、PCで出力できるあらゆる音声データの録音が可能。

 取り込んだ音声は、WAV、MP3、WMA形式で保存できる。iPodなどの携帯オーディオで再生できるほか、録音したWAVファイルをCD-Rへ書き込んでCDプレーヤーで再生することも可能。従来では困難とされていたIP電話ソフトなど双方向の会話録音でも、マイクとスピーカーの音を同時に認識し、双方向の声を録音することができる。

 音声の簡易編集機能を搭載し、音量をだんだん小さくしたり大きくしたりする「フェードアウト」「フェードイン」「エコー効果」や「再生時間の圧縮/伸張」などを利用できる。また、PCに低負荷で録音データを自動的に分割保存する「ファイル分割」機能を搭載し、HDDの容量いっぱいまで録音できる「録音時間無制限」を実現した。なおSkypeやMSN Messengerの通話録音時間は最長で3時間22分。

 対応OSはWindows Vista/XP。通話録音対応アプリケーションはSkype/MSN Messenger(V7?V8)/Windows Live Messenger。

オススメの記事