東芝、128GBのSSDを製品化、パソコン向けに多値NAND対応で

ニュース

2007/12/10 16:55

 東芝は12月10日、NAND型フラッシュメモリを搭載した、128GBのパソコン向けSSD(Solid State Drive)を製品化すると発表した。08年第1四半期にサンプル出荷し、同時に量産を開始する予定。

 DRAMキャッシュと連携した高速・並列データ転送や書き込み領域の平準化など、多値技術に対応した独自のコントローラを搭載。従来のSSDと同等の処理速度である読み出し100MB/秒、書き込み40MB/秒と、100万時間の長寿命を実現した。

 ラインアップは厚さ3mmの小型基板で提供するモジュール品と、基板をケースに収めた完成品の2タイプ。それぞれ32/64/128GB品を揃える。インターフェイスはシリアルATA II。

オススメの記事